WordPress WordPress 情報、わたしの工夫。

この記事を読むのに必要な時間は約 < 1

ポートフォリオを簡単につくろう! Jetpack 3.1 でカスタム・コンテンツ・タイプが追加された

Jetpack 3.1 アップデートでカスタム・コンテンツ・タイプのモジュールが追加された。これでインストール型の WordPress.org でもポートフォリオが容易に作成できるようになる 。年間活動のようなプロジェクトの整理、ビジネスで扱っている商品管理が効率的になるし通販ページは異なるレイアウトを作ることが出来る。

WordPress Ttwenty Fifteen

WordPress 4.1 では新しい公式テーマ Twenty Fifteen が登場

WordPress 4.1 では新しい公式テーマ Twenty Fifteen が登場する。その準備が進んでいます。このサイトは WordPress の開発版と公式テーマを検証するのを目的に Twenty Fourteen をカスタマイズして運用してきました。でも、打ち明け話があります。今後は開発版の検証やテストは限定して行います。新テーマが利用できる段階になったら新規にテストサイトを作り、このサイトはこのまま正式なサイトに発展させます。

読みやすい文章も大事、それには柔らかい印象も大切 コンテンツ本文のスタイルシートも工夫を加えました。

アフィリエイトも好調で、Google AdSense 広告のインサート位置を変更したことに伴って、コンテンツ本文のスタイルシートも工夫を加えました。
わたしのコンテンツは文章が長くなりがちで、コンパクトに簡潔にするのは苦手。そこで幾らかでも読みやすくしたいと本文表示を柔らかい印象に工夫しています。

Twenty Fourteen の投稿、固定ページのタイトル文字をアレンジする

ホームページのイメージに最も効果になったり逆効果になったりするのはスタイルシートに負うところが大きいでしょうか。サイト全体のデザインの中で本文を読みやすくすることは大事なのでしょうし、タイトル文字は顔に当たるので工夫もしやすいです。そしてタイトルは文字色や書体以上に、どういう表現をするのかはキャッチコピーと同じくらいに重要ですね。

Wedding Style – フロントページの問い合わせ情報はテーマのどこを設定したら変更できますか Wedding Style - Changing contact info on front page

Wedding-Style テーマはフロントページに『問い合わせ情報』として、ヘッダーに表示できるようになっています。
でもオプションページの、どこを設定したら変更できるのでしょう。
実は、このスペースは HTML コードも記載できるテキスト・ウィジェットと同じ。ですから、アドセンスも出来る便利なものでした。


On Seasonal Anything for WordPress Frontiers