Facebook Posts

この記事を読むのに必要な時間は約 1

Facebook ページを毎日更新中

熊本ふるまち・五福蓄音器を楽しむ会 US EVEREST SDBR3040 ジョセフ・フックス ユージン・グーセンス ロンドン交響楽団 ヒンデミット・ヴァイオリン協奏曲, via 100年後でも聴いて楽しいアナログ名盤レコード https://ift.tt/2QYa1wK熊本ふるまち・五福蓄音器を楽しむ会 added a new photo.17.10.2018 at 03:59 pmLike
熊本ふるまち・五福蓄音器を楽しむ会 US EVEREST SDBR3040 フックス ヒンデミット・ヴァイオリン協奏曲

商品番号 34-6190

通販レコード→米オレンジ黒文字盤

ステレオ黎明期の英国EMIでイギリスとオーストラリアの楽壇の架け橋的存在として重要な役割の貢献者 ― サー・ユージン・グーセンスの情熱は死なず。信じ難いエネルギーとカロリーで迫って来る。切れ味鋭いリズムの冴えに深いコク。 録音も驚異的に良く。まさに実在の響き。オーディオ評論家の故・長岡鉄男氏が激賞したことでオーディオファンにも高音質で知られるようになった、伝説のエヴェレスト(Everest)レーベルは、カルトな人気を誇るアメリカのレコード・レーベル。ステレオ最初期の1958年にニューヨークにて設立されたクラシックをメインにリリースしていたレーベルだったが、ステレオ創世記であった当時に「映画で使われる35mm磁気テープと同じ35mm幅の磁気テープ」を使用した自社開発の高性能録音機器にて制作した高音質のステレオ作品」を売りに話題を呼び、実際その高音質作品は多くのオーディオマニアを驚かせ、支持を獲得している。また、マーラーの交響曲第5、9番の初のステレオ録音や、死の数日前に録音されたヴォーン・ウィリアムズの交響曲第9番、アーロン・コープランドの初指揮となる交響曲第3番等、レーベルの垣根を超えて貴重な演奏をライセンス契約したリリースでも、歴史的資料を多く排出したという点においても大きな功績を残した。その『長岡鉄男の外盤A級セレクション』での人気盤でも有るグーセンスの優秀な録音としてオーディオ・ファンの間では有名な録音群ではあるが、Everestの35ミリ磁気テープ録音は、大編成のオーケストラに威力を発揮する。モダン・オーケストラの能力を最大限効果を上げ、金管楽器や打楽器を多用しシンバルが派手にならされ豪華絢爛という派手な演奏ですが、聴いた後の爽快感がいい。世界初録音だったヒンデミットのヴァイオリン協奏曲。一流オーケストラの表現力豊かな演奏と1960年代の録音とは思えないレンジの広い音質でもって、優雅で壮大な世界観が描かれるモーツァルトの「ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調」はおすすめ。ジョセフ・フックス(1899〜1997)は、アメリカのヴァイオリン業界の大御所的なヴァイオリニストだった。特に室内楽の領域を好んだフックスだったが、ソリストとしての彼は、バロック音楽から同時代の作品まで何でもこなす、まさにヴァーサタイルな人だったようだ。先入観を捨てて、一聴を願いたい。グーセンスの豪放磊落なオーケストラ・コントロールが、人間味を感じさせ。フックスのヴァイオリンも、たっぷり鳴っていて、哀愁や悲壮感を感じるモーツァルトならではのメロディーもたっぷりと堪能でき、天才音楽家と言われた彼の幅広い音楽性と才能を、しっかりと感じとれる演奏になっている。

続きを読む

http://analog.blog.jp/Sell+LP-US+EVEREST+SDBR3040+34-6190-77278357.html
17.10.2018 at 03:56 pmLike
熊本ふるまち・五福蓄音器を楽しむ会 US EVEREST SDBR3060 テオドール・ブルームフィールド ロチェスター・フィル ドビュッシー・管弦楽のための映像より「イベリア」、ラヴェル・「ラ・ヴァルス」、スペイン狂詩曲, via 100年後でも聴いて楽しいアナログ名盤レコード https://ift.tt/2QUCVxp熊本ふるまち・五福蓄音器を楽しむ会 added a new photo.16.10.2018 at 03:59 pmLike
熊本ふるまち・五福蓄音器を楽しむ会 US EVEREST SDBR3060 テオドール・ブルームフィールド ドビュッシー・管弦楽のための映像より「イベリア」、ラヴェル・「ラ・ヴァルス」、スペイン狂詩曲

商品番号 34-20129

通販レコード→米パープル黒文字盤

環境の変化とは、強みが強みでなくなること。 ― 成長企業は、成功体験を捨て環境に合わせて。成功体験を捨て環境に合わせて。事業領域を変えていく。衰退企業は、成功体験にすがり、環境が変われど、事業領域を変えられない。米映像機器大手イーストマン・コダックは、デジタル化の波に乗り遅れ、創業130年の歴史を誇り写真フィルムで一時代を築いたアメリカを代表する名門企業だが経営破綻に追い込まれた。1880年創業のコダックは、1935年に35ミリフィルム「コダクローム」を発売。「フィルムの巨人」として圧倒的なシェアを持って米を中心に長く世界に君臨し、1975年には世界初のデジタルカメラを開発。だが、高収益のフィルム事業にこだわり、急速に普及したデジタルカメラへの対応で、戦後は富士フィルムなど日本メーカーのライバルなどにシェアを奪われ大きく出遅れた。1975年に開発した世界初のデジタルカメラは商用化には至らなかったが、オーディオ評論家の故・長岡鉄男氏が激賞したことでオーディオファンにも高音質で知られるようになった、伝説のエヴェレスト(Everest)レーベルは、ステレオ最初期の1950年代後半、映画と同じ35mm磁気テープを使った高音質の録音で世界のオーディオファンの支持を獲得している。Everestの35ミリ磁気テープ録音は、大編成のオーケストラに威力を発揮する。オーディオファイルにとってリヴィング・プレゼンスから発売された「ハイ=ファイ・ア・ラ・エスパニ」は、フレデリック・フェネルの管楽器を無理なく美しく鳴らす手腕もさることながら、個々の楽器の表情がつかめるほど優秀な録音は忘れられないだろう。

続きを読む

http://analog.blog.jp/Sell+LP-US+EVEREST+SDBR3060+34-20129-77256272.html
16.10.2018 at 03:56 pmLike
熊本ふるまち・五福蓄音器を楽しむ会 US EVEREST SDBR3079 ホルヘ・ボレット ショパン・ピアノ・リサイタル, via 100年後でも聴いて楽しいアナログ名盤レコード https://ift.tt/2yDvFi4熊本ふるまち・五福蓄音器を楽しむ会 added a new photo.15.10.2018 at 02:04 pmLike
[`livedoor` not found]

On Seasonal Anything for WordPress Frontiers