「Review」カテゴリーアーカイブ

半世紀もの長く君臨する快刀乱麻を断つ★マリア・カラス◉プレートル指揮パリ音楽院管 プッチーニ:歌劇《トスカ》全曲 – HMV SAN 149-150

この記事を読むのに必要な時間は約 1 テバルディもいいけど《トスカ》はカラスがとどめを刺す。プッチーニが作曲した音楽を聽くのか、《トスカ》のドキュメンタリーを見るのか。 音楽を見るというのもおかしなものだけどオペラはドラマだと言い切れるなら作曲家の音楽よりも、このカラスの歌唱ほどトスカになりきっている録音はないでしょう。これが映像化されていれば数あるオペラ映画は霞んでしまっていた。

『大滝詠一』の時代 ニューミュージックの創成期 ベルウッドの名曲『空飛ぶクジラ』を収録したアナログ 180g 重量盤でリリース。

この記事を読むのに必要な時間は約 1 ニューミュージックという言葉がなかった時代に、キングレコードの社員だった三浦光紀が、そののちにニューミュージックと言われるようになる新しい音楽を手掛けるために設立した、初のメジャー系独立レーベルに“ベルウッド・レコード”がありました。本作は、レーベル創立10周年を記念して編纂されたベスト・アルバム。シングルやライヴ、はっぴいえんどの音源も収録しています。レコード店にサンプルとして配られるレコードにヒントを得たのでしょうが、コンピレーションアルバムに発展していきます。