MQ のすべての投稿

ローカルのケーブル放送局で音楽番組編成と、番組作成を担当。必要とあれば音響の確認に工事スタッフと一緒に店舗まわりもしました。その際、地域の音楽愛好家と交流。老舗レコードショップから通販サイトを手伝ってほしいと参加したのが WordPress サイト作りの足がかりとなりました。

美しいまま変わらない少年の姿

この記事を読むのに必要な時間は約 1 記憶を手繰ってみても、メンデルスゾーンのチェロ・ソナタの存在も知らなかった。でも作曲家の中で全作品がCD録音として聴くことができるようです。
今日はじめて聞いたのに前から知っていたような錯覚に誘ってくれる人懐こしさ。そこが優しい姉さんの胸のゆりかごで育んだ少年の音楽の特別な美しさ清々しさなんだ。

 
記事を読む

1600〜17世紀イタリア・バロック小品集[あなたが選ぶクラシック音楽・番外]

この記事を読むのに必要な時間は約 1

「あなたが選ぶクラシック音楽」を教えて下さい。

尋ねられて、わたしが最初に指折るのは「モンテヴェルディ:聖母マリアの夕べの祈り」。オペラのヴェルディと聞き違いをされることがあって、そもそもクラシック音楽は・・・と紐解く必要に迫られます。 色々話して、結局「へぇ」となって一曲を推薦するだけで終わりがちです。 大概においてバッハから指追われがちですよね。学校でクラシック音楽を学ぶ時にバッハ、ヘンデル、ハイドン、モーツァルトで始まるからだと考えてます。 そこには日本の音楽大学がフランス派か、ドイツ派かという政略関係が裏事情としてあった弊害なのですが。 最も古くはヒルデガルト・フォン・ビンゲンという作曲家から聴き進んで欲しいところなのですが、クラシック音楽というよりもヨーロッパのワールドミュージックの大元という風情なので、ヴァイオリンやらトロンボーンやらという親しみある楽器を使った音楽として1610年をクラシック音楽のスタートとしていいと、わたしは考えています。

17世紀イタリア・バロックの極上の響きに酔いしれる、これからの名盤

1600 -de Macque, Gabrieli, Merula : Alessandrini / Concerto Italiano

より表情豊かな音楽が好まれるようになった「1600年」という時代をテーマに、ガブリエーリやフレスコバルディなど、イタリア・バロック初期を代表する作曲家たちの珠玉の作品が詰まっている。 イタリア・バロックの多様な曲調を存分に楽しめます。
記事を読む